習志野第2団カブスカウト隊では、いつでも入隊を歓迎します。
青地に黄色のラインがかっこいい制服を着て、カブスカウトだけの秘密のサインを覚え、伝統あるボーイスカウト運動に一緒に参加しましょう。
カブスカウト隊の対象は、小2の9月から小5の8月まで3年間の児童です。
習志野第2団のカブスカウト隊は、毎月2~3回 主に日曜日の午前、習志野市袖ヶ浦公民館周辺を拠点として活動しています。

「カブ」とは森の動物の子供(CUB)のことです。組のことは「デン」(動物の巣)とよびます。
カブスカウト隊では、ボーイスカウト隊(小6から中3まで)に入るまでの段階として、組の仲間とハイキングに出かけたり、
集団ゲームやロープ技能に取組み、スカウトの仲間やデンリーダーと仲良く活動できるコミュニケーション力を育てます。
学校や家庭では経験できない、この年代だけの子供らしい貴重な体験をリーダー(隊長・副長・デンリーダー)と保護者皆さん一丸で応援・サポートします。
夏休みにはキャンプに行きます。
学齢が途中でも心配無用です。カブスカウトの「やくそくとさだめ」で結ばれた仲間はすぐに仲良くなれます。